コンセプト

「コミュニティシェアハウスは人生の学校」

第二の家族のようなあたたかい絆が
生まれるシェアハウスを実現したい。
そんな想いでスタートしたコミュニティシェアハウス。
「ありがとう」 「おかえり」 「ただいま」 「がんばって」
毎日の生活で温かい言葉が飛び交うコミュニティシェアハウス。
共同生活を通して深まる第二の“家族”との絆。
当コミュニティシェアハウスは、
ただ住居をシェアするだけではなく、
家族のみんなとお互いの人生までもシェアできるような
“ ライフシェア ”の形を大切にしています。

大切にしている6つのこと

  • おかえり」「ただいま」のある生活

    おかえり」「ただいま」のある生活

    「ただいま」「おかえり」「ありがとう」
    「頑張って」
    リビングはいつも、そんな暖かい言葉が
    たくさん飛び交っています。一人暮らしでは
    感じられないリビングのぬくもりや温かさこそ、
    何より大切にしています。
    当たり前のように感じる日々が、何より幸せ。
    ハウスファミリーがそう感じられる空間を大切に
    したいと思っています。

  • みんなで「いただきます」する幸せ

    みんなで「いただきます」する幸せ

    どんなに美味しい食事でも、一人で食べるよりも
    皆で食べた方が倍美味しい。
    家族のみんなと一緒にごはんを
    食べることを大切にしています。
    月に数回行われるおうちごはんの会では
    手と手を合わせて「いただきます」をみんなで
    することを大切にしています。
    「みんなと食べると、美味しいね。」
    リビングにはそんな声が溢れています。

  • 「バイバイ」のない関係

    「バイバイ」のない関係

    仲の良い友達と一緒に一日遊んで帰る時
    「バイバイ」するのがちょっぴり寂しかったり
    します。一人でおうちに帰る時間は何だか
    ぽっかり。ハウスファミリーとは帰る場所が
    一緒なので、「バイバイ」がありません。
    楽しい時間を過ごして帰ってきたら一緒に
    「ただいま」そのまま一緒にお家でごはんを
    しましょう。そんな関係は心がぽかぽか
    とっても暖かくなります。

  • 違いを受け入れ、認め合う関係

    違いを受け入れ、認め合う関係

    違う環境で育ってきたハウスメンバーが自分と同じ価値観とは限りません。
    自分の「当たり前」が他人の「当たり前」では無いこと、距離が近いからこそ、ぶつかる時もたまにはあるかもしれません。そんな時、当シェアハウスでは家族会議を開き、言いたいことを思いやりを持って伝えられる場所作りをしています。そしてお互いの価値観を受け入れ、認め合うことを大切にしています。

  • 嬉しい日は皆でお祝い

    嬉しい日は皆でお祝い

    ハウスファミリーに嬉しいことがあった時は、
    みんなでお祝いしましょう!
    お誕生日や就職祝い、試験合格など
    「嬉しいな」「幸せだな」と思ったことはみんなでシェア。
    嬉しかったことを一緒に喜べる家族がいる
    ことは人生にとっても幸せなことです。
    何かあるたび「おめでとう!」の声と
    笑い声がリビングに響きます。

  • 一人の夢をみんなで応援

    一人の夢をみんなで応援

    当シェアハウスには、色んな事を持って集まるファミリーが多いのです。
    「デザイナーになりたい」「海外で活躍したい」
    「お笑い芸人になりたい」一人の夢を、
    ハウスファミリーみんなで応援します。
    「安心出来る家があるから、外でめいっぱい
    チャレンジすることが出来る」
    夢に向かって頑張る家族を全力で応援します。
     

PAGE TOP