暑い夏にぴったりの
山椒たっぷり冷汁ごはん@東武練馬

コミュニティシェアハウス

東武練馬シェアハウスtoiroにて
以前からてしごとワークショップや
お菓子のまなび場を開催していただいていた
じゅりちゃん先生に
今年も食材や保存方法にもこだわった
てしごとワークショップを開催いただきました。
 
当日の様子をじゅり先生よりご紹介!
今回はなんと
山椒の粉を自分たちで作ってみました。
てまひまが幸せな
てしごとワークショップの様子をぜひご覧ください。

=== 
 
半年ぶり開催の手仕事ワークショップ。
今回は時期に合わせてちりめん山椒つくりの
リクエストをいただいていたのですが、
酷暑の影響もありシーズンを過ぎてしまいました。
 
5-6月がオンタイムの山椒。
5月の手始めの時期は、
中の種も柔らかく
ちりめん山椒つくりにぴったりなのですが
7月にもなると種が黒く固くなってしまうので
形を残したまま頂くには向いていません。

なので急遽、粉山椒作りに変更です!
あらかじめ塩を入れた熱湯で
アク抜きしておいた山椒を冷凍してお届け。
(アク抜きして水気をしっかり拭き取り
冷凍すれば1年ほどは持ちますよ!)

コツコツ軸とり作業

コミュニティシェアハウス

軸を取らないまま冷凍したので
みんなで地道に軸取りからスタートです。
てしごとの下ごしらえはなかなか時間がかかります。
ゆったりした気持ちで臨むのがポイントです。

コミュニティシェアハウス

下ごしらえが完了したら、
粉山椒にするために胡椒玉のように
させる必要があります。
油をひかずにフライパンで煎るか、
レンジで中の種がはずれるまで加熱していきます。
触ってみてカラカラになっていたら
火からおろし粗熱をとります。

擦りたての山椒で冷や汁づくり

コミュニティシェアハウス

ミルにいれてごりごり、粉末に。
山椒粉の出来上がりです。
 
ハウスファミリーのとんたくんが
ごりごり削ってくれている間に
隣では今年の1月の
てしごとワークショップで仕込んでおいた
「麦味噌」を使って冷や汁作りを。

手作りの味噌はチーズのような味わい

コミュニティシェアハウス

寝かしておいた味噌の蓋をあけると
そこには黒カビが。
表面にかびが生えるのはよくあること。
食べても問題ないキッチンスプレーなどで、
しっかりスプーンやへらを除菌したら
表面のかびをこそげとります。
 
カビは食べ物が生きている証拠。
そしてみんなで味見をしました。
「おいしい!」「チーズみたい!」
「売ってるものと全然違う!!」
と嬉しい声をいただけました。
 
売っている味噌は先に塩味がくるのですが、
手作り味噌はコクが先に来るんですよね。

ポイントは味噌を焦がすこと

コミュニティシェアハウス
 
このお味噌にトースターやバーナーで
しっかりと焦げ目をつけます。
冷や汁をただのぶっかけご飯にしないポイントは
お味噌を焦がすことです♪
 
◎今回作った冷汁レシピ(一人分)◎
味噌大さじ1
いりこだし 小さじ1/2くらい
白ごま大さじ1
水 200cc〜
鯖や鮭の水煮缶 1/2缶
木綿豆腐 1/4丁
きゅうり 1/2本(薄くスライスして塩もみ)
ごはん1杯分
 
◎つくりかた◎
焦げ目をつけたお味噌をボウルに入れて、
だしと白すりごまをいれて水で溶きます。
魚の水煮缶は汁ごと、
塩もみしたきゅうりは
水気をしっかり切って加えます。
豆腐は手でちぎり入れたら一旦味見。
味が足りなければだしや醤油を、
濃ければ水を足してください。
薬味に大葉、みょうが、山椒を添えます。
 
出来上がったらみんなで「いただきます!」
今回もちゃっかり混ぜてもらいました!
 
味噌のかびは白やら黒やら出てますが、
こそげとって使えば問題ありません。
空気に触れる部分にかびが生えやすいのですが、
だいたい表面にしか付いていないので大丈夫!
こそげとったら食べられます。
 
次回はしょうがを使って
ジンジャーシロップを作成予定。
お楽しみに!
 
===

コミュニティシェアハウス

暑い夏にぴったりの冷汁。
山椒を贅沢にかけておいしくいただきました。
この山椒は他の日でも麻婆豆腐にかけたり大活躍。
次回もとても楽しみです。
じゅり先生ありがとうございました!

関連記事一覧

  1. 旅行
  2. ご飯
  3. ピクニック

アーカイブ

PAGE TOP